test

ランドセルラックを選んだ理由~ランドセル教科書ラック編~

「リビングにランドセルラックを置く」というご家庭が増えていますね。

こどもと暮らしで人気のランドセルラックを実際にご購入のお客様からいただいた、選んだ理由と使い方のお声をお届けします。

今回ご紹介するのは、2014年1月の販売開始以来ロングセラーとなっている「ランドセル教科書ラック」

mka-0459_a・Curio ランドセル教科書ラック

ランドセルラック,完成品,キャスター付き,ランドセル,ラック・Curio Plus ランドセル教科書ラック キャスター付き

■このデザインを選んだ理由
・シンプルでリビングに合いそう

・せまい部屋にも置けそう

・他の子供家具と並べて使いたい

・デスクの横に置いて使いたい

・きょうだいで2台そろえる予定

・別売りのハンガーラックに合わせたいから

◇◇スタッフメモ◇◇
スリムなデザインが人気の
「ランドセル教科書ラック」。
省スペースや合わせ使いをする方に
選ばれているのは納得ですね。

■■どの色を選んだ?■■
<ウォルナットカラー>
・シックなリビングの家具に合う

・ウォルナットの床に合う

・落ち着いていて高級感がある

・子供が使わなくなっても、大人が使えそう

<ホワイト>
・白い壁となじんで圧迫感がない

・娘が使うから(かわいらしい色)

<ナチュラル>
・木製の家具に合いそうだから

・他の子供家具と合わせやすいから

◇◇スタッフメモ◇◇
リビング使用が前提の方が多数!
壁や床の色に合わせると
統一感が出て、お部屋が広く見えますよね。

■■選んでよかったと思う点は?■■
・ランドセルのふたを開けたまま教科書が出し入れできて便利

・幼稚園生のこどもが自分で片づけをするようになった

・きょうだいで並べて2台置いても幅をとらない

・完成品なので、組立ての手間がない

◇◇メモ◇◇
きょうだいで複数購入される方が多いのがこのモデルの特徴です。
上の子(小学生)に買ったら、
下の子(幼稚園生)に自分も欲しいとねだられた、というケースも。

■■どこに何を置いている?■■
<上の棚>
・ランドセル(多数)
・ブックエンドを置いて教科書や図鑑を立てて入れている

<固定棚上のオープンスペース>
・高さのある荷物やバッグなど

・このスペースにランドセルを置いて、上の棚を有効活用

<仕切り板スペース>
小学生は……
・棚を1枚減らしてお道具箱。学年が上がって科目が増えてきたら教科書を入れる予定。

・棚をすべて外して体操着入れなどのかさばるものを入れる。

幼稚園・保育園生は……
・塗り絵、自由帳、折り紙を分けて入れる。

・パズルの箱にちょうどいい

・棚板を外してリュックや荷物をまとめて入れている

<引き出し>
・週末の習い事一式

・筆記用具やシールなどの細かい物

・ハンカチ・ミニタオル類

◇◇スタッフメモ◇◇
商品名は「ランドセルラック」ですが、
幼稚園や保育園生用として購入される
ケースも目立ちます。

そのせいか、今は仕切り板を外して
大きい荷物を入れておく、というように
こどもの成長に合わせて使い方を変える
テクニックは、ぜひ参考にしたいですね。

————————————

リビングに合うデザイン&カラーの
オリジナルキッズ家具「Curio」シリーズ。

2016年より、
キャスター付きの「Curio Plus」が加わり
よりニーズに合わせて
お選びいただけるようになりました。

奥行きや高さを合わせているので
シリーズで揃えれば、統一感もバッチリ。
(※CurioとCurio Plusシリーズで仕様が異なります)

***********************************
■ポールハンガー付きタイプ
学校に着ていく上着や
幼稚園の制服と一緒にしまいたいご家庭に
***********************************
mka-0100_a2・Curio ランドセルラック

ランドセルラック,完成品,キャスター付き,ランドセル,ラック・Curio Plus ランドセルラック キャスター付き

***********************************
■大容量タイプ
荷物をたくさん収納したいご家庭
きょうだいで一緒に使うご家庭に!
***********************************
mka-0505_a・Curio 多機能ランドセルラック

ランドセルラック,完成品,キャスター付き,ランドセル,ラック・Curio Plus 多機能ランドセルラック キャスター付き

実際使っていただいているお客様の声は
私達スタッフにも新しい気づきや発見があります。

通学・通園アイテムの置き場所や
お片づけ方法に悩んでいる方も
ぜひ参考にしてみてくださいね。

バイヤー カシワラ