籐のある暮らし

梅雨入り前に、夏日が続く関東。
街でも、夏らしい服装が
一気に増えた気がします。

夏を感じる素材といえば、ラタン(籐)。
素材自体が呼吸をしていて
使うたびごとに味わいが増すのが
リアルラタンの魅力。

中学時代、美術の時間に
籐の花瓶入れを作ったことを
毎年、この時期になると思い出します。

晴れた日のベランダに
ラタンのチェアとテーブルを出せば
たちまち優雅な空間に。

こどもモデルくんは
シャボン玉に夢中。
こどもをとりこにする遊びって
昔から変わりませんね。

こどもサイズのチェアもあるので
親子でおそろいも楽しめます。

部屋の中で使用する際は、
40cm前後の高さのコーヒーテーブルに
ちょうどよい座面高さになっています。
(画像のテーブルは高さ41cmです)

ファブリックを組み合わせれば
年間を通して活躍。

籐のある暮らし、いかがでしょうか?

◆商品を詳しく見たい方は◆
・Rattan キッズチェア
・Rattan チェア
・Rattan ラウンドテーブル

インテリアショップ
「こどもと暮らし」
バイヤー・カシワラでした!

バイヤー カシワラ