秋の運動会やイベントとかめらについて

イベントも多い秋は、
写真をいっぱい撮ることも多くなります。

運動会や、学芸会などでは
遠くにいる子供たちを
撮影したくなりますよね。

遠くを撮るときの注意点を、
こどもと暮らしの撮影担当イマダが
まとめてみました!

カメラ性能について

大きな違いをあげるとしたら
光学ズームとデジタルズームがあります。

簡単に言うと
光学ズームはレンズの性能で拡大しています。
デジタルズームは写真を切り抜いて拡大しています。

レンズを交換して撮影する一眼レフは、
ほとんど光学ズームですね。

スマホやコンパクトデジタルカメラ、ビデオカメラは
デジタルズームで拡大することが多いです。

綺麗な画質で残したい場合には光学ズームの方が
劣化のない写真が撮影できますよ!

⇒運動会で便利なピクニックシートはこちら

なるべくブレのない写真を

遠くを撮影するということは、
遠くのものを大きく
拡大していることになります。

なので、写真がブレてしまう
確率が高くなってしまうんです。

ブレ対策は
シャッタースピードを速くすること。

マニュアルで撮影するのは難しいので、
カメラの機能にスポーツモードや
キッズモードという機能があったら
それに合わせると
失敗の確率が減りますよ。

⇒「COOL」のロゴがおしゃれなソフト素材のクーラーバッグはこちら

予測が大事

そしてシャッターを押すタイミング。
顔がフレームアウトしていては意味がありません。

撮影する場所に対して、どこを通るのかを予測して、
いい瞬間を切り取ることができるよう、
予め本番前に練習しておくといいかもしれませんね。

とりあえず、躊躇せずにシャッターはいっぱい押しときましょー!!

運動会をもっと楽しくするなら↓♪


kodokura-imada