黄色いマンション 黒い猫 小泉今日子

家族が集まるお盆休み。

「お家の中に階段がある!」と
普段より開放的なお家の中をかけまわったり、
抱っこやおんぶに疲れたママやパパと違って
とってもやさしく接してくれる
じぃじ・ばぁばの家に遊びに行くことを、
子供たちは短い首を長くしていました。

一方、仕事に真面目だったじぃじは、
自分のときにあまりできなかった反動なのか、
実の子供のように孫をかわいがってくれます。

そういえば、自分も
おじいちゃん・おばあちゃんっ子でした。

自分がそうされたように、
子供たちもまた、お盆休み中に
じぃじ・ばぁばから
たくさんの愛情をうけているようです。

なんだかうれしくなってきて、
昔、両親に迷惑をかけた話を
今ならおもしろおかしく笑い話にしながら、
きちんと謝れるかも

そんなふうに思いました。

こんな気持ちになれたのは、
お盆休み前に読んだ
この本のおかげかもしれません。

  黄色いマンション 黒い猫
  小泉今日子

「今だから書けること、今しか書けないこと。」
黄色い帯にそう書かれた
和田誠さんによるイラストが表紙の
怪しげなタイトルの本。

本の内容は、キョンキョンの
アイドルになる前のお話しだったり、
アイドルになってからのお話しが
「今だから言える」というスタンスで
ていねいにつづられていました。

「間」を上手に描く
小泉今日子さんの文章に触れると、
自分と子供との間、
自分と両親との間に
こそばゆくなるような
気持ちが生まれてきます。

お盆休みの間に、
少しでも気持ちを伝えることが
できたらいいなぁ。

そんなことを思わせてくれる
素敵な本です。

ぜひ、お盆休みの移動中に
一読くださいませ!

それでは、引き続き
ステキなお盆休みをお楽しみください。

こどもと暮らし
パパデザイナーの
イチカワでした。

パパデザイナー イチカワ