てるてるはるひ~父さん晴日を撮る。~ 石川厚志

ママになってから
活躍の場を変える女性を多く知っています。

それほど、「ママ」というポジションは
かけがえのない・尊いものであると、
パパデザイナーの目に
ママ店長の姿が映るのです。

こどもの日・母の日で
盛り上がる5月から
少し遅れてやってくる「父の日」。

「父さんであることは、案外さみしい。」
そんなキャッチコピーが書かれた
本の帯が目に入ってきました。

ズキュン。

子供の誕生によって、
人生ががらりと変わる
そんなパパもいるのです。

子供の誕生とともに立ち止まり、
退職、
そして向き合うものの割合を変えて
家族の時間を増やしていく。

レンズを通して、
娘の姿を追いかける。

どこにでもいるような男性が
パパになってから、写真家を目指した。

そんな愛や情熱がつまった
ステキな本の紹介です。

  てるてるはるひ~父さん晴日を撮る。~
  石川厚志

写真一枚一枚に、コメントも入っていて、
シャッターを押す瞬間の
パパの気持ちなどがうかがえます。

同じパパとして、
同じく写真に魅せられたパパとして、
とても共感できましたし、
自分のことのように、石川厚志さんの変化を
うれしく思いました。

6月は父の日がやってきます。

パパに新しい趣味をプレゼントしてみたり、
パパをカメラ係に任命してあげたり。

父の日をきっかけに、
パパの暮らしが、
家族の暮らしが変わるような、
そんな素敵な「変化」を取り入れてみませんか?

こどもと暮らし
パパデザイナーの
イチカワでした。

パパデザイナー イチカワ