今日もていねいに 松浦弥太郎

こどもを授かるまで、
恥ずかしながら
ほとんど本を読まずに生きてきました。

乳幼児の間はとくに、
こどもの世話をしている際に
「片手間でできる時間」ができます。

TVを見るのもなぁ、と
ベビーカーを押しながら
近所の図書館へ脚を運んでみました。

ジブリ映画の「耳をすませば」のような
図書館のワクワク感を感じながら
偶然にも手にした本が
雑誌「暮しの手帖」の編集長である
松浦弥太郎さんの本でした。

「今日もていねいに」というタイトルに
心が踊りました。

こどもとの時間を、
家族との時間を、ていねいに使おう。
まずは、そこからはじめてみよう。

こどもを育てるための
自分の心を育んでくれる、
そんな大切な一冊です。
(好きすぎて後日購入しました)

記事:パパ担当 イチカワ

パパデザイナー イチカワ